• ご挨拶
  • 会則
  • 役員・支部長一覧
  • エリア別支部会員状況
  • 本部行事
  • 本部からのお知らせ

  1. ホーム
  2. ホームカミングデー
  3. 2012年度 ホームカミングデー

2012年度 ホームカミングデー

大谷大学同窓会「第17回ホームカミングデー」開催報告

(2012.12.1 up)

 学園祭(紫明祭)期間中の11月10日(土)、同窓会が主催する「第17回ホームカミングデー」が“集(つど)おう!! 母校で”をテーマに開催されました。ホームカミングデーは、例年学園祭期間中の土曜日に、「同窓生の母校への里帰りの1日」として企画しているものです。退職された先生や専任教員にもご出席いただき、同窓生やそのご家族など、全国より約230名の参加がありました。
 2時間のフリータイム中には、参加型イベント「谷大ハテナ?〜どれがホント?〜」を行いました。さまざまな年代の大谷大学にちなんだクイズに、参加者同士で相談しながら挑戦していただきました。クイズには懐かしい「制帽」に関する問題も出題されました。会場には同窓生よりお借りした制帽を展示し、参加者は実物を眺めながら、クイズに解答されました。
 また、今年度は新しい試みとして、昨年度に「同窓会による模擬店表彰」を受賞した
“GLOBAL SQUARE”に、ホームカミングデー会場で模擬店の商品の販売を依頼しました。韓国のお菓子である「ホットク」を食べながら、在学生との交流も図られました。
 なお、恒例となりました同窓生の投票による模擬店優秀団体には、2年連続で「GLOBAL SQUARE」が選ばれ、翌日の学園祭模擬店表彰で同窓会より表彰されました。
 ホームカミングデーのエンディングでは、参加型クイズイベントの参加者に「同窓会役員」「同窓会支部(全国に80ある地域支部)ならびに支部長」よりご提供いただいた特産品が贈られました。この特産品は、ホームカミングデーの盛会と同窓会の活性化を願い、ご提供いただいたものです。ホームカミングデー当日までに会場に並べきれないほどのお品が届き、会場にて参加者にご披露いたしました。
次回も同窓生の皆さまのご参加を、心よりお待ちしております。

当日の様子
当日の様子(1) 当日の様子(2) 当日の様子(3) 当日の様子(4)
当日の様子(5) 当日の様子(6) 当日の様子(7) 当日の様子(8)
当日の様子(9) 当日の様子(10) 当日の様子(11) 当日の様子(12)

第17回大谷大学同窓会「ホームカミングデー」出席予定教員の変更について

(2012.11.5 up)

 9月末に発送いたしました「ホームカミングデー ご案内」(同窓会報『無盡燈』No137に同封)より変更が生じました。
変更は以下の通りです。

●出席
【ご退職の教員】
  村松 法文

【准教授】
  赤瀬 知子

2012年度 大谷大学同窓会「第17回ホームカミングデー」開催案内

(2012.10.1 up)

 このたび、「第17回ホームカミングデー」のご案内状が出来あがりました。ご覧いただき、母校 大谷大学への里帰りにご参加いただきますようご案内いたします。

1.日時・会場・会費
  2012年11月10日(土)
  テーマ: 集(つど)おう!! 母校で
  時間: 12時30分〜16時
  会場: 大谷大学 博綜館5階 第1会議室 他
  会費: 無料 ※ご家族と一緒にご参加いただけます。
2.参加申込
  同窓会報『無盡燈』137号に同封いたしました出欠はがきにて、10月18日(木)までにお知らせください
案内状(1) 案内状(2) 案内状(3) 案内状(4)
「ホームカミングデー」を集合場所として位置づけていただき、当日、ゼミ・クラス同期会を開催することをお薦めしています。ご検討ください。
なお、ゼミ・クラス同期会を開催する場合は、開催1ヶ月前に「同期会開催届」をご提出ください。所定の「同期会開催届」は、同窓会本部より郵送いたしますので、ご連絡ください。

大谷大学同窓会本部
電 話:075−411−8124
FAX:075−411−8157
Eメール:ホームページ「無盡燈」TOPページ 下
[お問い合わせメールフォーム]より送信ください。