• ご挨拶
  • 会則
  • 役員・支部長一覧
  • エリア別支部会員状況
  • 本部行事
  • 本部からのお知らせ

  1. ホーム
  2. 同窓会案内
  3. 大谷大学同窓会会則

同窓会案内

大谷大学同窓会会則

(1930年9月1日制定)
最近改正 2011年5月12日


第1条 本会は、大谷大学同窓会と称する。


第2条 本会は、会員相互の交誼を厚くし、大谷大学と会員との関係を密接にし、かつ、
 大谷大学の発展を助けることを目的とする。


第3条 本会は、本部を大谷大学内に置く。


第4条 本会は、その目的を達成するため次の事業を行う。
 (1) 会報の発行
 (2) 講演会、研修会その他の集会の開催
 (3) 大谷大学の発展を助けるための事業
 (4) 会員相互の連携と親睦を図るための事業
 (5) その他本会の目的を達成するために必要な事業


第5条 本会は、必要な地区に支部を置く。
2 支部に関する規程は、別に定める。
3 第1項の他に、理事会の承認を得た場合、卒業生の団体として認めることができる。


第6条 本会の会員の種類及び資格は、次の通りとする。
 (1) 通常会員 真宗大学以降の各科及び各部のすべての卒業生、修了生、
         満期退学者並びに本学に在籍したことのある科目等履修生、
         聴講生及び中途退学者であって本会に入会を希望する者
 (2) 会  友 通常会員以外の本学旧教職員及び現教職員
 (3) 名誉会員 本会の目的達成に特に功労ある者であって総会の推薦する者


第7条 通常会員は、入会金及び会費を納入しなければならない。
2 入会金及び会費の徴収については、別に定める。


第8条 本会に次の役員を置く。
 (1) 名誉会長 1名
 (2) 顧  問 1名
 (3) 会  長 1名
 (4) 副 会 長 2名以内
 (5) 理 事 長 1名
 (6) 理  事 若干名
 (7) 監  事 3名以内
2 理事のうち常務理事若干名を置く。


第9条 名誉会長は、真宗大谷派門首を推たいする。


第10条 顧問は、大谷大学学長を推挙する。
2 会長及び副会長は、理事会の推薦に基づき、総会の議を経て推挙する。
3 理事及び監事は、総会において会員の中から選任する。
4 理事長は、理事の互選により会長が任命する。


第11条 常務理事は、理事の中より理事会の議を経て会長が委嘱する。


第12条 会長は、本会を代表し会務を統理する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときは、あらかじめ定められた順位
  に従いその職務を行う。
3 理事長は、会長の命を受け、常務を統括する。
4 会長、副会長、理事長及び理事は、理事会に参加し、会務を審議決定する。
5 常務理事は、常務理事会に参加し、常務を処理する。
6 監事は、財務書類を監査する。監事は、理事会に出席して意見を述べることができる。


第13条 役員の任期は、次の通りとする。ただし、再任を妨げない。
 (1) 会長、副会長及び理事長、理事 2年
 (2) 監事 2年
2 補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。


第14条 会議は、総会、理事会及び常務理事会とする。


第15条 総会は、毎年1回本部において開く。
2 総会の開催日時は、大谷大学同窓会ホームページ「無盡燈」又は
  会報(『無盡燈』)において公示する。
3 理事会が必要と認めた時は、臨時総会を開くことができる。


第16条 総会は、会長が招集する。


第17条 総会における議決は、出席代議員によって行う。


第18条 代議員は、各支部の代表者(以下「支部長」という。)1名をこれに当てる。
2 都合により支部長が総会に出席できない場合は、支部長は代理の者を出席
  させることができる。この場合、支部長の代理として出席した者は、
  代議員とみなし総会の議決に加わることができる。


第19条 総会の議長は、代議員の互選によって決する。


第20条 総会の議事は、出席代議員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長がこれを決する。


第21条 次に掲げる事項は、総会の議決を経なければならない。
 (1) 会則の変更
 (2) 年度事業計画及び収支予算
 (3) 年度事業報告及び収支決算
 (4) その他、理事会において必要と認める重要事項


第22条 理事会は会長、副会長、理事長及び理事をもって、常務理事会は理事長及び常務理事をもって
 構成し、必要に応じ会長又は理事長がそれぞれこれを招集する。
2 理事会及び常務理事会の議長には理事長が当たる。
3 理事は、書面により議決に加わることができる。
4 理事会及び常務理事会の議決は、それぞれ半数以上出席し、出席した理事又は
 常務理事の過半数でこれを行う。


第23条 次に掲げる事項は、理事会の議決を経なければならない。
 (1) 総会に提出する議案
 (2) その他会務の執行に関する重要事項
2 常務理事会は、会務の運営に当たり、かつ、前項第2号の規定による事項のうち緊急を要する
 事項について審議決定する。
3 常務理事会は、理事会より委ねられた事項を決定したときは、理事会の議決があったものとする。


第24条 本会は、第4条に規定する事業の円滑な運営をはかるため、必要な委員会又は審議会を
 置くことができる。


第25条 本会の経費は、次の収入をもって支弁する。
 (1) 会費
 (2) 寄付金その他の収入


第26条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。


第27条 本会の事務を処理するため、本部に事務局を置く。
2 事務局には事務局長を置く。
3 事務局に関する必要な規程及び内規等は、理事会の議を経て会長が決定する。


第28条 この会則の改廃は、理事会に諮り、総会の議を経て会長が決定する。


付則:この会則は、1930年9月1日から施行する。
付則:この改正会則は、1962年4月1日から施行する。
付則:この改正会則は、1974年4月1日から施行する。
付則:この改正会則は、1981年4月1日から施行する。
付則:この改正会則は、1989年4月1日から施行する。
付則:この改正会則は、1991年4月1日から施行する。
付則:この会則は、2011年5月12日に一部改正し、2012年4月1日から施行する。