• ご挨拶
  • 会則
  • 役員・支部長一覧
  • エリア別支部会員状況
  • 本部行事
  • 本部からのお知らせ

  1. ホーム
  2. 活動状況
  3. 本部からのお知らせ

活動状況

本部からのお知らせ

友田孝興 名誉教授へ『無盡燈』「大谷大学と私」の取材を行う

(2017.4.1 up)

 2017年3月1日(水)午後1時30分から、尋源館会議室において、本学 名誉教授 友田孝興先生へ同窓会報『無盡燈』142号の「大谷大学と私」のインタビューを行いました。
 友田先生へのインタビューでは、先生が本学で学びドイツ文学を専攻されることになった経緯や、先生が関心をもたれていることなどについてお話を伺いました。
 『無盡燈』142号は9月下旬頃発行予定です。皆さまのお手元に届きましたら、友田孝興先生の記事をぜひお読みください。

 
友田孝興先生へのインタビュー (1) 友田孝興先生へのインタビュー (2) 友田孝興先生へのインタビュー (3)

大谷大学同窓会副会長などを歴任された寺林惇氏ご逝去される

(2017.3.17 up)

 大谷大学同窓会副会長などを歴任された寺林惇(てらばやし まこと)氏が、2017年3月15日にご逝去されました。
 寺林氏は、同窓会大阪支部長(大阪支部長を含む)を17年間、同窓会理事を22年間、同窓会常務理事を1993年から10年間、同窓会副会長を2003年から6年間務められ、本会の発展のため、同窓会活動にご尽力賜りました。
 ここに深甚の謝意を表し、謹んで哀悼の意を表します。

畠中光享氏の展覧会が開催中

(2017.1.12 up)

 日本画家として活躍されている畠中光享氏(1970年大谷大学卒業)の展覧会「興福寺中金堂再建・法相柱柱絵完成記念 興福寺の寺宝と畠中光享展」が、髙島屋日本橋店において1月11日より開催中です。以後、巡回展として、富山県、茨城県、神奈川県、奈良県、大阪府、新潟県、山形県にて予定されています。

 畠中氏は、多くの仏教を題材とした作品を制作されており、同窓会報『無盡燈』の表紙絵を108 号からお願いしています。

 お近くで開催される展覧会には、ぜひ会場へ足をお運びください。なお、展覧会の詳細は、以下ホームページでご確認ください。

▼ホームページURL
http://kohfukuji-hatanaka.exhn.jp/

慶聞館1F学生ロビーの愛称募集【お知らせ】

(2016.10.19 up)

 2016年9月19日(月)にオープンしました、慶聞館の1F学生ロビーの愛称募集について、募集期間を延長しています。ぜひ応募してください。

詳しくは大谷大学のホームページへ

木越康大谷大学長就任祝賀会を開催

(2016.10.1 up)

 去る6月17日(金)、熊谷宗惠宗議会議員が代表呼びかけ人となり、同窓会金沢支部主催の大谷大学木越康教授の学長就任祝賀会がANAホリディ・イン金沢スカイで開催されました。
 小林斉金沢教務所長・金沢別院輪番、小山章金沢教区会議長、冨祐彬鶴来別院輪番、木村宣彰鈴木大拙館々長、大桑斉大谷大学名誉教授、藤原正寿大谷大学准教授、冨士澤丞宗議会議員ら110名が出席し、木越教授の学長就任を祝いました。
 祝賀会では、小林教務所長、小山議長の祝辞に続き、学長ご夫妻に花束と記念品の目録が贈呈されました。学長の謝辞の後、木村館長の発声で乾杯を行い、賑やかに会は始まりました。
 多くの方々から、お祝いと激励の言葉を述べていただき、金沢教区合唱団「蓮」が東北の震災の後にばらばらになった友人・知人との再会を願ってつくられた『群青』を披露していただきました。
 最後に学長と共に「寮歌」の合唱が行われ、学長にエールが送られました。そして、大桑名誉教授の中締めの挨拶で、会はあたたかい雰囲気のうちに閉会しました。
 また祝賀会に先立ち、金沢別院真宗会館ホールを会場に『二つの白道』という題で、記念講演も行われました。

木越康大谷大学長就任祝賀会 (1) 木越康大谷大学長就任祝賀会 (2)

新教室棟「慶聞館」(中央・南エリア)がオープン

(2016.10.1 up)

 2018年の完成を目指して進めています、大谷大学キャンパス総合整備・新教室棟建築工事の中央・南エリアが2016年9月19日(月)にオープンしました。

大谷大学 キャンパス総合整備計画
http://www.otani.ac.jp/buildup_plan/nab3mq000003gx6d.html

大谷大学同窓会富山支部長 井口榮樹氏ご逝去される

(2016.8.31 up)

 大谷大学同窓会 現富山支部長の井口榮樹(いぐち えいじゅ)氏が、2016年8月8日にご逝去されました。
 井口榮樹氏は、2009年から同窓会富山支部長を務められ、本会の発展のため、同窓会活動にご尽力賜わりました。
 ここに深甚の謝意を表し、謹んで哀悼の意を表します。

元大谷大学同窓会理事・元大谷大学同窓会三為会支部長 本田昭英氏ご逝去される

(2016.8.31 up)

 元大谷大学同窓会理事・元大谷大学同窓会三為会支部長の本田昭英(ほんだ しょうえい)氏が、2016年8月8日にご逝去されました。
 本田昭英氏は、1993年から2002年 まで同窓会三為会支部長を、1997年から2007年まで同窓会理事を務められ、本会の発展のため、同窓会活動にご尽力賜わりました。
 ここに深甚の謝意を表し、謹んで哀悼の意を表します。

大谷大学同窓会副会長 等岳兼昭氏 ご逝去される

(2016.6.9 up)

 大谷大学同窓会 現副会長の等岳兼昭(しなおかけんしょう)氏が、2016年5月25日(水)に89歳でご逝去されました。
 葬儀につきましては、5月31日(火)にしめやかに執り行われました。
等岳兼昭氏は、約40年の長きにわたり大谷大学の同窓会活動にご尽力いただき、本会の発展に多大な功績を残されました。
 ここに深甚の謝意を表し、慎んで哀悼の意を表します。

【同窓会役員履歴】            
1948年3月 大谷大学専門部卒業
1979年〜1991年 大谷大学同窓会四日市(豊後)支部長(大分支部の前身)
1992年〜2007年 大谷大学同窓会大分支部長
2000年〜2004年 大谷大学同窓会理事
2005年〜2010年 大谷大学同窓会常務理事
2011年〜 大谷大学同窓会副会長

白館戒雲 名誉教授へ『無盡燈』「大谷大学と私」の取材を行う

(2016.4.1 up)

 2016年3月22日(火)午前9時30分から、尋源館会議室において、本学 名誉教授 白館戒雲先生へ同窓会報『無盡燈』141号の「大谷大学と私」のインタビューを行いました。
 白館先生へのインタビューでは、先生がチベットから本学へ来られた経緯や、先生が関心をもたれていることなどについてお話を伺いました。
 『無盡燈』141号は9月下旬頃発行予定です。皆さまのお手元に届きましたら、白館戒雲先生の記事をぜひお読みください。

本学 名誉教授 白館戒雲先生へのインタビュー風景 (1) 本学 名誉教授 白館戒雲先生へのインタビュー風景 (2)

同窓会のフェイスブックをはじめました

(2015.4.1 up)

同窓会のフェイスブックをはじめました。
同窓会での動きをリアルタイムにお届けいたします。ぜひ、アクセスしてください。

大谷大学同窓会フェイスブックアドレス
https://www.facebook.com/mujinto.otani

「赤レンガ100周年記念」同窓会事業として、大学歌・寮歌の収録を行う

(2014.1.1 up)

 「赤レンガ100周年記念」同窓会事業の一環として、同窓生には懐かしい「大学歌」と「寮歌」の収録が行われました。今回の収録は、合唱を大谷大学男声合唱団のOB有志と現役団員、ピアノ伴奏を元本学教授の豊住征子先生、録音・編集を同窓生で本学非常勤講師の倉光延行先生と人文情報学科松川ゼミ学生有志の方々の協力を得て行われました。
 ぜひ大学歌と寮歌を、同窓会ホームページ「無盡燈」でお聞きください。

大学歌・寮歌はコチラ

「大学歌」と「寮歌」の収録風景 (1) 「大学歌」と「寮歌」の収録風景 (2)

東日本大震災に関わる救援金募金について【報告】

(2012.4.1 up)

 東日本大震災の救援金につきましては、大谷大学同窓会として9月30日まで募金活動を行いました。
 「同窓会理事会」「同窓会総会」「支部総会および夏季八十講」で集まった救援金は、773,923円でした。
 既に大谷大学同窓会から日本赤十字社へ送金した150万円(同窓会会報『無盡燈』・ホームページ「無盡燈」にて報告済み)を加えて、2,273,923円の救援金を日本赤十字社へ送金いたしましたことをご報告します。
 救援金の募金活動にご協力いただきました方々に心より御礼申しあげます。

詳しくはコチラ

本部からのお知らせ 過去記事一覧